ライブチャットで気を付けている事

ライブチャットで気を付けている事

「ライブチャットで気を付けている事」について、皆様から寄せられたアンケートをご案内します。

記事一覧

自宅でチャットレディをしている場合には、個人が特定されるようなものはカメラの中に入れないようにしています。
例えば、部屋に飾っている写真や、地元でもらったお店の名前入りカレンダーなど。
もちろん、手紙類などはひきだしの中にしまうようにしています。

ライブチャットの場合、直接お客さんと接するということがありません。
ですから、キャバクラなどと違い、お店が終わったあとにお客さんに跡をつけられる…といった心配が無いのです。
また、セキュリティをしっかりとしている会社が多いので、個人情報が漏えいするといった心配はほとんどありません。

チャットレディのお仕事は、複数のサイトが存在しますし、それぞれに特色があります。
お客様の流れやすいサイトもあり、かといって自分と相性の合うサイトもあったり…とさまざまです。
そのため、いくつかのサイトを掛け持ちしているチャットレディも珍しくありません。

最低のことではありますが、所属しているサイトのルールは厳守するようにしましょう。
お客様を逃すだけでなく、チャットレディのお仕事もできなくなってしまうかもしれません。
中には、チャットレディを守るためのルールもありますので、自分自身をまもることにもなります。

ライブチャットでは、ほとんどの場合、待機中はお金が発生しません。
お客様に話しかけられて、チャットが成立したらお金が発生する仕組みです。
お客様に話しかけられるまでの間は、待機と呼ばれる時間です。